NEWS

99%減少だけど、、24時間後で安心⁉【ブログ記事】-1-

抗菌と抗ウイルス 同じなようで違います。

フィルム表面の抗菌・抗ウイルス加工は当たり前となっています。しかし、どの商品にも「細菌99%減少」や「ウイルス99.99 %減少」といった表記がされており、違いがわかりません。抗菌と抗ウイルスの違いや効果をご存知の方は少数です。抗菌や抗ウイルスの基準とはどのように決まっているかお話しします。

goodlife

【抗菌とは】

抗菌とは「菌を増やさない」ことです。菌が増える原因の環境は3つあります。"温度" "湿度" "有機物(汚れ)"です。銀系の抗菌剤は菌に対して増殖を阻害することで「菌を増やさない」抗菌効果があるといわれています。ここで重要なのはウイルスに対する効果は不明ということです。

【抗ウイルスとは】

抗ウイルスとは「ウイルスを減少させる」ことです。ウイルスは物体の上に付着しても増えません。ウイルスは人間の体内にある細胞に感染して細胞内部で増殖します。ということは物体の上に付着したウイルスは勝手に減少していきます。しかし、インフルエンザウイルスよりも新型コロナウイルスは長期間生存することが世界中の研究機関で認められています。宮崎大学の新型コロナウイルス試験でも同様な研究結果が出ています。

【抗菌・抗ウイルスの基準はあるの?】

抗菌・抗ウイルスのフイルム加工製品を消費者が安心して使用できる認証機関があります。抗菌・抗ウイルスの性能評価や安全性の基準が設けられており、その基準をクリアした製品は一定の効果があると認められています。

それではどのような基準で認定されているのでしょうか。抗菌の試験内容は大腸菌による試験でフィルム表面に付着した菌の減少を調べます。評価基準は24時間後に99%以上減少すること。対して、抗ウイルスの試験はインフルエンザウイルスやノロウイルス代替ネコカリシウイルス 等による試験で評価されます。評価基準は24時間後に99%以上のウイルスが減少していること。細菌やウイルスを使った試験以外に安全性試験が試験機関で認められた製品は抗菌性能・抗ウイルス性能があるという権利を有します。メーカーは指定の試験機関で試験を行い性能を確認後、認証機関へ書類を提出して手数料を支払うことで認証機関のマークを使用することができます。

【99%減少に関連する時間】

昨今、問題なのはウイルスです。24時間後にウイルスが99%減少では次から次へと人が触れるようなところはリスクが長く続きます。そこで強力で安全な銅の粒子を大量に練り込んだ「キルウイルス」がお役に立てます。キルウイルスは15分で99.9%ウイルスが減少が認められています。除菌マスクケースはとてもオススメです。素速い除菌は安心ですね。

高い頻度で拭き取り清掃できないところへはとてもオススメです。衛生環境を保ちながら、笑顔あふれる生活を築き上げましょう。(Fumito Kobayashi)

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。